占いで始まる不倫疑惑と家族問題


家族関係に問題ない毎日を送っていたしても、その穏やかな生活はふとした出来事によって調和が乱されかねないようなささいな出来事が起こることがあります。それは、何に対してもあまりのめりこんでしまうことは危険を伴ってしまうからです。
たとえば、占いを日常生活に取り入れ、その解釈方法を日常生活においてプラスにとらえて活用することは、生活にとっては良い相乗効果を保つことができます。しかし解釈方法をネガティブにとらえてしまうと、疑心暗鬼から、普段はなんでもないことまでもを、内容をネガティブなことと絡めて行動してしまいます。具体的な例をとりあげると、浮気がばれて・・などといったことを言われた場合、通常浮気をしていない人物であれば、なにも感じないものですが、未来の予言に対し熱心な人物は、それまで自分の生活になかった浮気に過剰に反応し、浮気そのものへの興味がわいてしまいます。それまで、なんの問題もなかった家庭生活が、浮気がばれるという占いの言葉で、家族までもが過剰に反応してしまいがちです。浮気すらしていなかった人物が、家族に家庭を守るためには、不倫を清算してこなければ、家族が崩壊してしまうと泣きつかれたような夢にうなされるかもしれません。生活の中で、自分をコントロールし、適度な刺激と生活解釈方法としての利用がもっとも効果的な利用方法です。
不倫は良くないものです。それは、結婚生活を破たんさせてしまったり、離婚の原因として十分訴えることができる理由なりえます。不倫を行っている最中であれば、後ろめたい気持ちがあるものの、やはりなかなかやめられないため、時には占いに解決方法を求めてしまうこともあります。
このような場合も、やはり適度な平常心でもって、占いの言葉を理解して、自分のマインドを基本的な行動規範としたうえで、噛み砕き解釈することが大切です。占いの言葉の内容を、そのままに受け取りいわれるがままに行動してしまうと、家族の溝をさらに深くしてしまうかもしれないのです。どんな人物でも、気が滅入ってしまうような状況に陥ってしまうことがあります。しかし、そのような状況下でこそ、平常心と常日頃からの個人としての考えかたが重要になります。自らが、どちらのタイプの性格であるかを認識したうえで、生活に新たな風を吹き込ませるという利用法を確認したうえで耳を傾けるのが、健康的で向上性のある「言葉」であることは間違いありません。