不倫占い許されない後輩との恋の行方


皆さんは既婚者を好きになってしまったことはありませんか。結婚しているという事実を知っていて好きになってしまった、又は知らなくて好きになり気づいたころには関係を持ってしまっていた、という経験はありませんか。人は好きになる人を選ぶことはできませんよね。気づいた時にはもう好きになってしまっているのです。たとえその相手が既婚者だとしても、好きになってしまった以上、もう自分ではどうすることもできないのです。
人を好きになるという感情、そしてお互いに好意をいだいているということが分かってしまった時、それはもう誰にも止めることができないのです。
しかし、やはり不倫に対する世間の目は厳しいものがあります。普通の恋愛をするよりもたくさんの壁にぶちあたります。また、その壁のことを簡単に周囲に相談したりはできないのです。不倫の悩みは、もちろん親には相談できないし、よっぽど信頼をしている友達にしか相談できませんよね。
私も実際に悩んだ経験があります。相手は大学時代のサークルの後輩です。数十年ぶりに後輩に再会し、意気投合し、お互いに好意をいただいてしまいました。私には婚約者がいましたし、後輩にも家庭がありましたが、青春時代の甘酸っぱい思い出がよみがえり、もう止めることができませんでした。すごく悩みましたが誰にも相談することができませんでした。しばらくたって信頼できる友達に打ち明けると返ってきたのは「信じられない」の一言でした。もちろん正論だし私のためを思って言ってくれているのはわかります。しかし、悪いのは十分わかっていてそれで悩んでいた私としては本当に身勝手ですが、さらに打ちのめさせられ、さらに悩んでしまい、もうどうしたらいいのかわからず、途方に暮れてしまい、もう誰にも相談できない、自分でもどうしたいのかわからないという状態でした。
そんな時に占いに出会いました。占いにはたくさんの種類がありますので、普通の恋愛をされている方がするような占いではなく、不倫の恋をしている人、不倫の悩みを持っている方を対象にしたものを選ぶことができました。占いはその人の悩みに対して否定も肯定もなく、ただその人のどう行動すればどのような結果になるのか示してくれるだけです。自分が何をすべきなのか、どうあるべきなのか、それがわかり、私は自分の本当の幸せを見つけることができました。幸せの形はひとそれぞれです。占いを利用して自分の本当の幸せの形を冷静に客観的に考えてみませんか。